2009年06月15日

第8回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル 無事終了しました。

みなさまのご協力でフェスティバルは大成功でした。
参加者のみなさん、出演していただいたみなさん、実行委員やボランティアのみなさん、支援をいただいた多くの団体、個人の方々に感謝いたします。
今年の公演数や参加者は、2009年 3月28日(土) 29日(日)で、29団体 33作品 56公演、 参加者 6,432名(前年比117%)大人3,565名 子ども2,867名 2月から実施した巡回公演を含めると7,503名となりました。

当日寄せられた感想を紹介いたします。

□小学校二年生の女の子は、最初、会場前の列に並べずにいましたが、おばあちゃんにすすめられて観ることが出来ました。その後、一人で小学校へ行き、巡回バスに乗ってらくゆう館へ行き、いろいろ観て、とても喜んで帰ってきたとのことです。

□どのシーンもすごく楽しめました。特に海女さんの動きなどすばらしかったです。参加型になっていたところもよかったです。ありがとうございました。来てよかった!!(しまものがたりU・五十二才)

□私の中の杷木フェスのオープニングセレモニー(?)としてピッタリ!!フェスを楽しむ心が開きました。(イッツフォーリーズコンサート・五十四才)

□ちょっとこわかった。でもどんどんこわくなくなった。おもしろかった。(のんのんばあとオレ・六才)

□チョーたのしかった。また見たいんですけどねぇ。みれたらいいなあ。(YEN TOWN FOOLS・九才)

□かんどうてきだったけど、さいごをおもしろくしてほしかった。(ベッカンコおに・十才)

□ナイフをおてだまみたいにまわしてりんごたべるとこがすごかった。(マイ・クロ・シアター・七才)

□劇なので三才の娘は観れないかと思いましたが夢中になって入り込んでいました。(気のいいイワンと不思議な小馬・三十一才)

□一才の娘とともに観ましたが、娘はくいいるように見ていました!乳幼児の感覚にぴったりな内容で親子ともゆったりと楽しむことができました。(ぴーかぶー・三十六才)

□うたが上手でよくひびいていて合そうもきれいで、こんな音楽を身近できけるなんてすごいなあと思いました。楽しかったです。(京フィルとあそぼう!・十一才)

□大刀洗にそんな歴史があるとは知りませんでした。子どもが犠牲になる戦争、絶対嫌です。(風の音朗読会・四十九才)

□後半になるにつれ中一の娘も一緒に連れてくればよかったと思いました。原作も読んでみようと思います。(いのちのバトン)

□第一部と第二部の両方を見たけど、どちらも考えさせられる作品でした。パントマイムだから想像することが多かったけどとてもよかったです。今日のパントマイムは、ぼくが知っているパントマイムとはちがいました。今日のパントマイムは少し悲しくておどろきました。でもピアノがあってピアノをきけたのでよかったです。(清水きよしの幻の蝶・十二才)

□和太鼓などがとても心に響いてよかったです。十二支やおぼろがすごく心に残りました。また、聞きたいです。笛の音がとてもきれいでした。私も「ふりゅう」で二回やったけど、全然うまく弾けませんでした。すごかったです。旅立ちもよかったです。(わだいこだけじゃないコンサート・十二才)

□ピンクパンサーの忍び寄る姿が面白かった。楽器を吹いたけどうまく吹けなかった。(狩りのファンタジー・十三才)

□落ちがとても面白かったです。かみきりとかかさの芸もすごかったです。本物の落語を生で見れてよかったです(子ども寄席・十才)

□はるかの成長するところがよかった。あと、元気で面白かった。(カッパのパッカとはるかの夢・十二才)

□すごくいろんな場面を思い浮かべることができて、とてもすごくて面白かったです。もう一回見たいです。(鬼・十五才)

□カンタローくんにたくさん友達ができてよかったと思いました。あと「思いやり」のことを知りました。(村一番のしあわせ者・十才)

□太鼓の音が心に響いてきて、とてもよかったです。獅子舞が頭をかんでくれた事が嬉しかったです。(民族芸能アンサンブル・十才)

□いろんな音が出たからすごいと思いました。「あー」というのがすごい長くてびっくりしました。今度も観たいです。(あんみ通・八才)

□ピアノとギターのアンサンブルの二人のコンビネーションがとてもよかったです。(かのんぷ♪九才)

□KEIちゃんがふざけているのがおもしろかった。きょ年も見たけど今年のほうがおもしろかった。ましゅ&Kei大好き。(Buddy!ーあいぼうー・十才)

□くまくんがベッドでとんで、かえるくんは「とんだらだめだよ」といってかえるくんもとんでいました。(かえるくん・かえるくん・七才)

□一人でいろんな声をして大へんだったと思いました。チャハハ丸とへへへ丸が今までで1ばんおもしろかったかもしれません。(チャハハ丸とへへへ丸・八才)

□ひもだけであんなに表現ができてすごいと思った。馬に乗っているときに尻尾まで揺れていて細かいところまでこだわっているなと思った。(ジョディと子鹿のフラッグと・十七才)

□移動時間が短く会場が多過ぎて移動が大変。車を運転していてわかるように細かい会場案内(地図・道路標識)を出していてほしいです。

□会場係の女性が小さい子をよく前に座らせ子どもが見えにくくないか等よく動かれて感じが良かったです。

□スタッフのかた、本当にご苦労様です。

□最初、パンフレットをみて人形劇なんてつまんないだろうと 正直思っていましたが、実際見ていると、ものすごく勉強になりました。見ていて、笑いや悲しみ、つまり「喜怒哀楽」の感情に大きく心をくすぐられました。自分が忘れかけていた「大切なこと」を人形劇を通して学んだ気がしました。このフェスティバルに参加出来て良かったと心から思いました。(朝羽高校三年生)

□フェスティバルは、いろんな人とのふれあいや、劇を通して大人や子供にいろんなことを教えたり気付かせているので、こんなに良いボランティアはそうそうないと思いました。荷物運びやステージ作りはとても大変でした。特に荷物が重たくて・・・。でも運び終わった後に劇団の方たちの「私たちが手伝ってくれたから助かった」の声を聞いて、とても嬉しかったです。劇が終わってからのアンケート回収では、子ども達が一生懸命感想を書いてくれたり、可愛らしい絵を精一杯描いてくれていた事が嬉しかったです。(朝倉光陽高校二年生)

以上です。

一部写真を載せました。当日写真の一部です。
j[X_0011.jpg
j[X_0010.jpg
j[X_0008.jpg
j[X_0001.jpg
j[X_0002.jpg
j[X_0003.jpg
j[X_0004.jpg

j[X_0005.jpg
j[X_0006.jpg
j[X_0007.jpg
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック