2017年07月31日

2018年朝倉市国際子ども芸術フェスは豪雨被害のため中止になりました

2017年3月のフェスティバルは無事に成功いたしました。
みなさまありがとうございました。

次回、2018年3月開催予定のフェスティバルのお知らせです。

これまで16回継続してきました朝倉市国際子ども芸術フェスティバルは
中止となります。

この7月5日からの豪雨被害により、開催地の朝倉市杷木地域が集中的な被害を受け、地形が変わるほどの打撃を受けました。多数の犠牲者とまだ行方不明者も残っており、心に深い傷を負っています。
また、道路や住宅や田畑の流出など、まだ未解決の大きな課題も抱えています。
公共施設や学校、これまでフェスティバル会場としてお世話になった「らくゆう館」も被災者の避難所となり、復旧を目指しているところです。
当面は、こどもあーと災害復興支援室が窓口となり、朝倉市、日田市などの被災地の支援を行います。
長年お世話になった杷木地域の方々、多くの子どもたちが元気な暮らしを取り戻せるようご支援をお願いいたします。


次回のフェスティバルは、次の日程を予定しています。

日:平成 30 年3月 24 日・25 日 (熊本県合志市)
会場:御代志市民センター、西合志図書館、熊本JA 教育センター

これから上演団体の公募を始めたいと思います。
みなさまのご支援ご協力をお願いいたします。

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場実行委員会
                   事務局長 柳田 茂樹

2012年07月24日

第12回朝倉フェス 出演希望団体募集を開始いたしました

第12回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル及び大分県子どもの舞台芸術フェスティバルの上演希望団体の募集を開始しました。


今年の7月は、長雨、洪水、土砂崩れなど九州各地が大きな災害に遭遇し、いまも捜索活動や復旧のための工事など各地で大規模におこなわれています。亡くなった方々や被災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。また、早期の復興をめざしてみなさまの暖かいご支援をお願い申し上げます。

さて、来年3月開催予定の九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場「第12回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル」及び「大分県子どもの舞台芸術フェスティバル」の上演希望団体の募集を開始しました。今年は、応募いただいた作品を実行委員会として早めに選考し、準備を始めていきたいと考えております。
今年は、初めて朝倉市と熊本市でフェスティバルを連続開催し、大盛況となりました。ご協力いただいたみなさまには心より感謝申し上げます。
今回は、この7月の豪雨で大きな被害があった朝倉市と大分県でのフェス開催となります。
みなさまの多数の応募と参加をお待ちいたしております。


開催のご案内と上演作品募集について

みなさまにはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
いつもながら格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。
さて、子どもたちに優れた舞台芸術の鑑賞機会を提供し、子どもが豊かに育つ文化芸術のまちづくりをめざし、「子ども」と「文化芸術」を大切にそだてることを目的とした「九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場」主催のフェスティバルをご案内いたします。

<子どものためのフェスティバルを九州で>
1991年3月に九州で初めての子どものための舞台芸術フェスティバル「シュワッチ in熊本」を開催。1995年から子どものための音楽フェスティバル「ポコアポコ in熊本」、1997年7月「清和子どもフェスティバル」、2001年3月九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・九州沖縄子ども芸術フェスティバル(旧杷木町)を開催・翌年から杷木国際子ども芸術フェスティバルとして継続、2012年3月の第11回まで朝倉市国際子ども芸術フェスティバルとしてその歴史を重ねてきました。

<継続はおおきな力>
2012年3月には、朝倉市と熊本市の2ヶ所でフェスティバルを開催し好評をいただきました。これまでの(全11回)フェスティバルで、通算181団体410作品を公演し、のべ79,535名の方々にご鑑賞いただきました。
また、韓国、アメリカ、中国、香港、カナダなど海外の芸術家や子ども達も参加し、国際的な文化交流を重ねてまいりました。

<広がる出会い!>
子ども達の芸術鑑賞機会が飛躍的に広がり、優れた子どものための舞台芸術の鑑賞機会として、また、九州沖縄各地の子どもの舞台芸術を企画する方々の貴重な出会いの広場として、国内でも有数のフェスティバルのひとつとして定着してきました。
さらに、毎年海外や国内からの青年たちも駆けつけ、地元の市民、中学生や高校生、高齢者なども年齢を超えて多数の方々がボランティアとして参加し、市民の運営によるフェスティバルとして定着しています。
近年は地域公民館や学校・保育所での巡回公演にも取り組み、「朝倉市子どものための舞台芸術地域公演(朝倉っ子 ぐる〜っと公演)」として、全地域開催をめざしています。

<今年度は、大分県でも開催!!>
2013年3月は、朝倉市と大分県の2ヵ所でフェスティバルを開催することになりました。これまでの蓄積を継続し、朝倉市はもとより、九州沖縄地方全体の子どもに視野を広げて、企画を充実させ、九州のみならず全国各地からの参加を広げるとりくみをすすめて参ります。

第12回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル 2013年3月22日〜24日(※22日前夜祭を予定)
大分県子どもの舞台芸術フェスティバル    2013年3月25日〜31日

つきましては、登録作品募集は 9月15日シメキリ、選考委員会を経て、結果をご連絡させていただきます。別紙、募集要項をご熟読の上、お申し込みいただきますよう、お願い申し上げます。

以上
募集要項はこちらからダウンロードできます

2010年02月17日

ブログのアドレスが変わりました。

朝倉市国際子ども芸術フェスティバルのブログが新しくなりました。

http://asakura-fes.sblo.jp/

上演作品内容をUPしました。

よろしくお願いします。

2009年12月08日

上演作品の30作品が決まりました! お楽しみに

(1)第9回朝倉市子ども芸術フェスティバル 上演作品決定
<上演作品は、様々な事情により変更になる場合があります。御了承下さい>

舞台劇    7作品    (3作品推薦作品)
人形劇    12作品   (6作品推薦作品・うち韓国2作品)
音楽・芸能  11作品   (7作品推薦作品)
 計     30作品   (16作品推薦作品)
(2)うち推薦作品決定について
九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場実行委員会
推薦作品 14団体16作品
推薦作品決定枠
   舞台劇       3作品
   人形劇       6作品(うち韓国2作品)
   音楽・芸能(青音協)7作品

決定した作品
<舞台劇>
劇団うりんこ がらんくたうんストーリー 愛知県
劇団うりんこ ダイアル ア ゴースト ―幽霊派遣会社― 愛知県
演劇集団遊玄社 音楽劇・イソップランドの動物たち 東京都
<人形劇>
劇団 美しい世 エギトンプル 韓国ソウル
劇団ザパリ研究所 しまものがたりU「ソムイヤギ 海女の話」〜済州島の民話より〜
人形劇団クラルテ ペンギンたんけんたい 大阪府
人形劇団くりちゃん ごんぎつね 静岡県
糸あやつり人形劇団みのむし マリオネット「赤ずきんちゃん」「ピエロのエチュード」兵庫県
糸あやつり人形劇団みのむし 「ニューそぼく谷ヘルスセンター」他 兵庫県
<音楽・芸能 青音協企画作品> 推薦作品
岡田音楽事務所   Familyハートフルコンサート3兄弟心のハーモニー 滋賀県
葦笛工房      笛師九兵衛おもちゃの小箱             長野県
歌舞劇団 田楽座  おまつり本舗 でんがくざ              長野県
蒼い企画 YEN TOWN FOOLSーびりとブッチィーのクラウニングシアターー 東京都
sound office 音旅舎 ふしぎでふしぎな音楽会                 埼玉県
オールスタッフ/イッツ フォーリーズ ア・ラ・カ・ル・トU〜0さいから99才までの童謡〜東京都
センタープロ   玉木孝治ソロ 「たたいて!ひいて!ふいCHAO!」      東京都

(3)公募作品選考結果について
公募作品18団体19作品応募(うち初参加18作品、再参加1作品/初参加団体5団体)。
◎応募作品19作品の選考方針(締め切り日後の申し込み3作品は選考対象外とした)
<作品を選考する上で、重視したポイント>
1、 初参加団体の参加をできるだけ優先する。
(同ジャンルで、近年参加団体は、新規参加団体に譲ってもらう)
2、 各ジャンルの配分に偏りがないように配慮する。
3、 乳幼児作品を優先する。
4、 地元団体の参加を優先する。
5、 高学年対象作品を優先する。
6、 青音協加盟団体は、推薦枠で調整する。
7、 構成人数が4人以上の作品は優先する。
8、 公募締切日を過ぎたものは選考対象外とする。
9、 選考作品が実施できない場合は、選考外作品からの繰上げをすることが出来る。
また、子ども劇場が推薦する作品があれば、追加作品として検討する。

公募作品の中から決定作品
(下記作品が実施不可能な場合、同一ジャンルから繰り上げ補充する)
<舞台劇>
劇団なんじゃもんじゃ たまごとおじさん 岐阜県 (再)
民族芸能アンサンブル若駒 ずっこけ狂言ばなし「すっぱビリビリじゃぽん」 大阪府(再)
NPO法人舞台アート工房・劇列車 語り劇とうたのひろば〜結 YUI〜 福岡県 (再・地元・高学年)
前進座(劇団前進座株式会社)創作歌舞伎「髪飾不思議仕掛」のための歌舞伎ワークショップ東京都(再)
<人形劇>
民族歌舞団 花こま 新曲さんしょう太夫 島おい歌の段 兵庫県 (初・高学年)
(有)人形劇団パン 乳児さんから楽しめる人形劇 愛知県 (初・乳児)
(有)人形劇団パン 「おばけサーカス」「おおかみと七匹の子ヤギ」他1本 愛知県 (初)
ひと組 さんさん劇場 「わ・わ・わ・わ・わっしょい」「わらしべ長者」  愛知県 (初)
くわえ・ぱぺっとステージ かばのティリーネック 京都府 (再)
人形劇団むすび座 地獄八景亡者戯〜じんたろうとつくも神〜 愛知県 (再)
<音楽・芸能>
山の音楽舎 ふわふわ山の音楽会 神奈川県 (再・乳児)
和太鼓ユニット 光(KOH) わだいこだけじゃないコンサート 愛知県 (再)
オフィス ツーワンフォー エンターティメント 高尾晃市のファンハウス 神奈川県 (初)
クラウンファミリープレジャーB らっぱっぱ ラブソディ 愛知県 (再)

以上

杷木フェスの実行委員会の名称が変わりました

これまで、8回フェスティバルを継続実施してきましたが、杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会の名称を今年から朝倉市国際子ども芸術フェスティバルと変更することになりました。それにともない、規約も一部改正しました。

次年度2011年は10周年になりますので、今後ともよろしくお願い致します。

改正 2009年12月4日実行委員会にて
(以下は改正の部分です)

(名称)
朝倉市国際子ども芸術フェスティバル実行委員会
(事業)
第4条 実行委員会は、前条の目的を達成するため、下記の事業を行う。
 (1)朝倉市国際子ども芸術フェスティバルの開催 
(2)朝倉市子どものための舞台芸術地域公演の開催(愛称;朝倉っ子 ぐる〜っと公演)
 (3) その他、実行委員会の目的を達成するために必要な事業

以上

2009年10月15日

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・第9回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル 上演作品募集開始します

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・第9回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバルの上演希望作品の募集を始めました。

これまで子ども芸術フェスティバルに参加していただいた団体他約200団体にご案内を送付いたしました。

(以下に掲載いたします)
 2010haki fes annai boshu.pdf

2009年10月15日
創造団体のみなさまへ
九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場
第9回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル
上演作品募集要項
◆上演作品 募集について
2010年3月「第9回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル」での上演団体(作品)募集を下記の内容で行います。

◆募集の条件
募集作品 子どものための舞台作品で日程・会場条件に適用する作品
       @舞台劇・音楽・芸能・人形劇 会場条件 別紙1・2・3・4
       A0〜3歳のための作品    会場条件 別紙1・2・3・4 ※ジャンルは問いません
上演日程 2010年3月27日(土)〜28日(日)
会場条件 別紙の施設を使用します。参照ください。
機材など 上演に必要な器材は、各上演団体で全てご準備ください。
食事    上演当日の食事については、実行委員会で提供します。
宿泊について 実行委員会は、公演当日のホテル1泊分(朝食付)を提供します。

(旅館、ホテルについて)
宿泊するホテルは、温泉地ため、和室、相部屋が基本となります。
また、実行委員会が提供するホテルが不適切な場合は、恐縮ですが、各団体にてご手配・ご負担ください。

ピアノ調律料、音楽著作権料は主催者である実行委員会で負担します。

※旅費・運搬費、前後泊など経費については、すべて上演団体の負担でお願いします。

◆上演参加登録料 1作品20,000円 ※上演参加決定通知後に納入をお願いします。
◆上演作品の決定
 11月に検討委員会で決定し、ご連絡させていただきます。
全体のバランス、使用可能会場と可能日程などプログラムの関係なども併せて検討させて頂きます。また、応募作品多数の場合は、新しい作品やこれまで出演されていない団体を優先させていただきます。
◆応募書類の送り先
 別紙の「上演作品登録用紙2枚」「仕込図」「チラシ・パンフレット・舞台写真」を同封のうえ
10月31日(土)までに事務局(子ども未来館・はき内)へ郵送にてお送りください。
※e−mail、FAXでの応募は受け付けません。
※作品紹介文、舞台写真は、決定後の広報用の資料として使用させていただきます。
※応募資料は、返却しませんのでご了承ください。
◆送り先   「杷木国際子ども芸術フェスティバル」実行委員会 事務局
      〒838-1514 福岡県朝倉市杷木久喜宮2787−2 子ども未来館・はき内
TEL.0946-63-9120 FAX.0946-63-9121


九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・第9回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル開催要項を確認

10月13日実行委員会が開かれ、第9回の実施要項を確認しました。

12月にピーポート甘木での公演をオープニングとして、2月からの朝倉市子どものための舞台芸術地域公演<仮称>(従来の巡回公演から改称予定)、3月26日前夜祭、27日・28日がメインフェスティバルとして計画を実施することになりました。
以下、概要をご紹介いたします。今後、変更になる場合もありますのでご了承下さい。

(開催要項)
九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・第9回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル
開催要項(10月13日確認)
1、趣 旨: 平成12年度「九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場実行委員会(事務局;熊本市)」が主催し、「九州沖縄子ども芸術フェスティバル」として第1回目を開催したことが始まりで、その後、地元市民が参加する杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会として引き継ぎ、新市合併後は、朝倉市の助成を受け、第6回、7回、8回のフェスティバルを実施した。
この8回で通算267作品の上演作品、のべ57,000名の鑑賞者を迎え、韓国、中国、カナダなど海外の芸術団体の参加も定着し、地元の子ども達の芸術鑑賞機会が飛躍的に広がり、他地域に類を見ない優れた子どものための舞台芸術の鑑賞機会として、国内でも有数のフェスティバルのひとつとして定着してきた。また、海外からの青年ボランティアも駆けつけ、子ども達や地域の国際交流の機会として魅力となっていると共に、地元の市民、中学生や高校生なども多数ボランティアとして参加し、フェスティバルスタッフとして大活躍している。
今回で9回目を迎えるにあたり、巡回公演(朝倉市子どものための舞台芸術地域公演<仮称>)をさらに充実させ、子どもたちに優れた舞台芸術の鑑賞機会を提供し、文化芸術活動に親しみ、子どもたちの豊かな人間性と多様な個性を育むことに努め、「子ども」と「文化芸術」を大切にし、子どもが豊かに育つ文化芸術のまちづくりをめざし、これまでの蓄積を継続し、朝倉市はもとより、九州沖縄地域全体の子どもに視野を広げ、子ども達の全国・九州各地からの参加をさらに広げるとりくみをすすめる。

2、日 程:2010年2月1日(月)〜3月28日(日) 

3、主 催:九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場実行委員会 杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会
4、共 催:(予定)朝倉市教育委員会、(特)はき子ども文化ゆめ基金、九州沖縄地方子ども劇場連絡会、日本児童・青少年演劇劇団協同組合、(特)日本青少年音楽芸能協会、全国専門人形劇団協議会、(特)九州沖縄子ども文化芸術協会
5、助 成:朝倉市、芸術文化振興基金、(特)はき子ども文化ゆめ基金
6、後 援:(予定)朝倉市内小学校、保育所、幼稚園、PTA連合会、朝倉市観光協会、原鶴旅館組合、福岡県、福岡県教育委員会、久留米市教育委員会、日田市教育委員会、筑前町教育委員会、小郡市教育委員会、うきは市教育委員会、太刀洗町教育委員会、東峰村教育委員会 マスコミ各社 他
7、協 力:(特)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
8、参加登録:(予定)九州・沖縄から文化力プロジェクト
9、開催地:福岡県朝倉市 朝倉市総合市民センター(ピーポート甘木)、朝倉地域生涯学習センター、杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)、朝倉市女性センター(あすみん)、サンライズ杷木、子ども未来館はき、久喜宮小学校、ホテルパーレンス小野屋ホール 各地域公民館、市内小中学校、保育所等
10、内 容:これまでの取り組みを発展させ、実行委員会はじめ地元団体、参加団体や子ども、文化、地域に関わる団体が、参画するフェスティバルを目指す。九州沖縄各地、市内の参加者を増やし、青少年育成、市民の文化の高揚を目指す。さらに、10回目以降の継続実施をめざし、名称、実施時期、事業内容、実行委員会体制、財政等、あり方を抜本的に見直し、実施可能なところから改善をめざす。また、巡回公演とフェスティバルの開幕事業として、12月に開催される甘木あさくら子ども劇場の公演(県民文化祭助成事業)の成功をめざす。
11、財源:参加費、助成金、寄付金、広告協賛、その他(事業収入など)を充てる。
   ・参加費は、子ども参加費とおとな参加費、おやこ券など。
子ども 700円   大人  3,000円   おやこ 3,500円(大人1名、子ども1人まで)
1作品単位 大人1,500円         おやこ 2,000円(大人1名、子ども1人まで)
巡回公演 参加費 5万円(1回公演につき +上演謝金1万円助成)
・寄付金・協賛広告は、広く呼びかける   寄付 個人1口1000円 広告1こま 3000円
   ・助成金 芸術文化振興基金助成 朝倉市 補助金 (特)はき子ども文化ゆめ基金 助成金
      ・事業収入 歌声大交流会 大人1000円 子ども500円
12、連絡先:
九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場実行委員会・杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会
事務所 〒838−1514 朝倉市杷木久喜宮2787−2 子ども未来館 内
電話 0946−63−9120 FAX 0946−63−9121

2009年06月15日

第8回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル 無事終了しました。

みなさまのご協力でフェスティバルは大成功でした。
参加者のみなさん、出演していただいたみなさん、実行委員やボランティアのみなさん、支援をいただいた多くの団体、個人の方々に感謝いたします。
今年の公演数や参加者は、2009年 3月28日(土) 29日(日)で、29団体 33作品 56公演、 参加者 6,432名(前年比117%)大人3,565名 子ども2,867名 2月から実施した巡回公演を含めると7,503名となりました。

当日寄せられた感想を紹介いたします。

□小学校二年生の女の子は、最初、会場前の列に並べずにいましたが、おばあちゃんにすすめられて観ることが出来ました。その後、一人で小学校へ行き、巡回バスに乗ってらくゆう館へ行き、いろいろ観て、とても喜んで帰ってきたとのことです。

□どのシーンもすごく楽しめました。特に海女さんの動きなどすばらしかったです。参加型になっていたところもよかったです。ありがとうございました。来てよかった!!(しまものがたりU・五十二才)

□私の中の杷木フェスのオープニングセレモニー(?)としてピッタリ!!フェスを楽しむ心が開きました。(イッツフォーリーズコンサート・五十四才)

□ちょっとこわかった。でもどんどんこわくなくなった。おもしろかった。(のんのんばあとオレ・六才)

□チョーたのしかった。また見たいんですけどねぇ。みれたらいいなあ。(YEN TOWN FOOLS・九才)

□かんどうてきだったけど、さいごをおもしろくしてほしかった。(ベッカンコおに・十才)

□ナイフをおてだまみたいにまわしてりんごたべるとこがすごかった。(マイ・クロ・シアター・七才)

□劇なので三才の娘は観れないかと思いましたが夢中になって入り込んでいました。(気のいいイワンと不思議な小馬・三十一才)

□一才の娘とともに観ましたが、娘はくいいるように見ていました!乳幼児の感覚にぴったりな内容で親子ともゆったりと楽しむことができました。(ぴーかぶー・三十六才)

□うたが上手でよくひびいていて合そうもきれいで、こんな音楽を身近できけるなんてすごいなあと思いました。楽しかったです。(京フィルとあそぼう!・十一才)

□大刀洗にそんな歴史があるとは知りませんでした。子どもが犠牲になる戦争、絶対嫌です。(風の音朗読会・四十九才)

□後半になるにつれ中一の娘も一緒に連れてくればよかったと思いました。原作も読んでみようと思います。(いのちのバトン)

□第一部と第二部の両方を見たけど、どちらも考えさせられる作品でした。パントマイムだから想像することが多かったけどとてもよかったです。今日のパントマイムは、ぼくが知っているパントマイムとはちがいました。今日のパントマイムは少し悲しくておどろきました。でもピアノがあってピアノをきけたのでよかったです。(清水きよしの幻の蝶・十二才)

□和太鼓などがとても心に響いてよかったです。十二支やおぼろがすごく心に残りました。また、聞きたいです。笛の音がとてもきれいでした。私も「ふりゅう」で二回やったけど、全然うまく弾けませんでした。すごかったです。旅立ちもよかったです。(わだいこだけじゃないコンサート・十二才)

□ピンクパンサーの忍び寄る姿が面白かった。楽器を吹いたけどうまく吹けなかった。(狩りのファンタジー・十三才)

□落ちがとても面白かったです。かみきりとかかさの芸もすごかったです。本物の落語を生で見れてよかったです(子ども寄席・十才)

□はるかの成長するところがよかった。あと、元気で面白かった。(カッパのパッカとはるかの夢・十二才)

□すごくいろんな場面を思い浮かべることができて、とてもすごくて面白かったです。もう一回見たいです。(鬼・十五才)

□カンタローくんにたくさん友達ができてよかったと思いました。あと「思いやり」のことを知りました。(村一番のしあわせ者・十才)

□太鼓の音が心に響いてきて、とてもよかったです。獅子舞が頭をかんでくれた事が嬉しかったです。(民族芸能アンサンブル・十才)

□いろんな音が出たからすごいと思いました。「あー」というのがすごい長くてびっくりしました。今度も観たいです。(あんみ通・八才)

□ピアノとギターのアンサンブルの二人のコンビネーションがとてもよかったです。(かのんぷ♪九才)

□KEIちゃんがふざけているのがおもしろかった。きょ年も見たけど今年のほうがおもしろかった。ましゅ&Kei大好き。(Buddy!ーあいぼうー・十才)

□くまくんがベッドでとんで、かえるくんは「とんだらだめだよ」といってかえるくんもとんでいました。(かえるくん・かえるくん・七才)

□一人でいろんな声をして大へんだったと思いました。チャハハ丸とへへへ丸が今までで1ばんおもしろかったかもしれません。(チャハハ丸とへへへ丸・八才)

□ひもだけであんなに表現ができてすごいと思った。馬に乗っているときに尻尾まで揺れていて細かいところまでこだわっているなと思った。(ジョディと子鹿のフラッグと・十七才)

□移動時間が短く会場が多過ぎて移動が大変。車を運転していてわかるように細かい会場案内(地図・道路標識)を出していてほしいです。

□会場係の女性が小さい子をよく前に座らせ子どもが見えにくくないか等よく動かれて感じが良かったです。

□スタッフのかた、本当にご苦労様です。

□最初、パンフレットをみて人形劇なんてつまんないだろうと 正直思っていましたが、実際見ていると、ものすごく勉強になりました。見ていて、笑いや悲しみ、つまり「喜怒哀楽」の感情に大きく心をくすぐられました。自分が忘れかけていた「大切なこと」を人形劇を通して学んだ気がしました。このフェスティバルに参加出来て良かったと心から思いました。(朝羽高校三年生)

□フェスティバルは、いろんな人とのふれあいや、劇を通して大人や子供にいろんなことを教えたり気付かせているので、こんなに良いボランティアはそうそうないと思いました。荷物運びやステージ作りはとても大変でした。特に荷物が重たくて・・・。でも運び終わった後に劇団の方たちの「私たちが手伝ってくれたから助かった」の声を聞いて、とても嬉しかったです。劇が終わってからのアンケート回収では、子ども達が一生懸命感想を書いてくれたり、可愛らしい絵を精一杯描いてくれていた事が嬉しかったです。(朝倉光陽高校二年生)

以上です。

一部写真を載せました。当日写真あります

2009年03月16日

お知らせ

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場
第8回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル実行委員会からのお知らせです。

今回も多くの方々に参加を呼びかけていただきありがとうございます。
おかげさまで、宿泊の申し込みは、定員を大きく超え申し込みをいただきました。旅館を確保し、すべて協賛料金で宿泊部屋数を確保できました。ありがとうございました。また、公民館宿泊は、現在30名のお申し込みを頂いております。

いよいよ、フェスティバルまであとわずかとなりました。参加者がもっと広がるようもう一声おかけいただけますよう、重ねてお願い申し上げます。バッジのお預けも可能ですから、ぜひともよろしくお願い致します。

さて、本日、夕方、6時40分から7時までの間の約1〜2分程度ですが、「撮っておき」のコーナーで、今回フェスティバルに上演する韓国済州島のザパリ研究所「しまものがたりU」の巡回公演の様子がビデオで紹介され、フェスティバルのご案内がテロップで出る予定です。
報道されるビデオは、杷木保育所での公演の模様をボランティアの方が記録編集して、NHKに投稿されたものです。


大きな事件等がなければ、予定通り放送される可能性があります。
よろしければぜひともご覧下さい。

NHK福岡 総合/デジタル総合
2009年 3月16日(月)
午後6:10〜午後7:00(50分)番組情報 ニュースなっとく福岡

********************************************************************************
連絡先 838-1514 朝倉市杷木久喜宮2787−2 子ども未来館・はき内
九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場
第8回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバル実行委員会
電話 0946−63−9120 FAX 0946−63−9121
e-mail;2009-fes@kodomo-miraikan.jp
URL;http://hakifes.sblo.jp

子ども芸術フェスティバルのチラシを掲載しました

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場
第8回朝倉市(杷木国際)子ども芸術フェスティバルの
チラシを掲載しました。

1ページchirasi1.pdf

2ページchirasi2.pdf

3ページchirasi3.pdf

4ページchjirasi4.pdf

1〜4ページまで一括して(pdfファイルで1.5Mbyte)2009fes.pdf

申込書mousikomi.pdf